ニュース

大熊一之裁判官の辞職はあるか?判決破棄し無期懲役判決に批判殺到

皆さん、こんばんは!KEITAです。

今話題になっているのが、大熊一之裁判官が判決を破棄し、無期懲役を言い渡したというニュースです。

そんな判決を下した大熊一之裁判官に批判が殺到しています。

おそらく、周りの声だけで国が大熊一之裁判官を辞職させることはないと思います。

今回はこの判決に納得しない人たちの意見で大熊一之裁判官の辞職はあるか詳しく調べてみました。

大熊一之裁判官の辞職はあるか?

今回大熊一之裁判官が下した判決は無期懲役でした。

6人もの命を奪ったナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告にたいして「統合失調症による影響が大きく、責任能力がなかったため法律上の軽減をすることになる」と判決を下しました。

法律に従い私情を挟まずに判決を下すのが裁判官の職務です。

ですが世間はそんな大熊一之裁判官を批判しています。

確かにこのニュースを見たほとんどの人はおかしいと感じるでしょう。

今回無期懲役の判決を下したことによって、大熊一之裁判官が辞任させられることはまずないとおもいます。

大熊一之裁判官は職務を全うしただけですから。

しかし今後この批判が続き、大熊一之裁判官の心境に変化があれば、自ら辞職の道を進む可能性は十分あるでしょう。

批判コメントまとめ

Twitterでは数々の批判コメントがつぶやかれています。

前回も同じような判決があり、その時も今回と同じ裁判員裁判だったことがさらに批判される理由のようです。

確かにこれでは裁判員裁判の意味が無いのでは?と疑問がわく人もいるでしょう。

Sponsored Links

スポンサードサーチ

まとめ

今回は、大熊一之裁判官の辞職はあるか?判決破棄し無期懲役判決に批判殺到について記事を書かせていただきました。

今回の件で大熊一之裁判官が辞職させられることはないでしょう。

しかし大熊一之裁判官の心境の変化により自ら辞職する可能性はあると思います。

今回のような判決が下されることはまれにあります。

全ての人たちを納得させられるような結果にすることはできないにしろ、多くの批判が出る判決を下さざる負えない法律は改正してほしいですね。

今回はこれで以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました!!