ニュース

オートハイビームは迷惑で評判が悪い?義務化はされるのか調査!

皆さん、こんにちは!KEITAです。

今回は最近話題のオートハイビームは迷惑で評判が悪いかとオートハイビームの義務化ついてお伝えしていこうと思います。

オートハイビームとは、前方の状況に応じて自動的にロービームとハイビームを切り替える「自動切替型前照灯」のことです。

今まで手動で行わなければならなかったロービームとハイビームの切り替えを自動でやってくれる便利なシステムですが、ネット上では悪い評判が目立っています。

主に対向車からハイビームを受け嫌がらせのように感じる人が多くいるようです。

そんなオートハイビームですが、今はまだ義務化はされていません。

詳しい説明を下記に記載していますので、ぜひご参考ください。

オートハイビームの評判が悪い理由について!

オートハイビームは便利な機能ですが、かなり評判が悪いです。

主な原因としては、

  • LEDライトが普及して照度が高く光が目に入ったら一瞬周りが見えなくなる。
  • 対向車や歩行者、自転車がいたらロービームに戻すのがマナー
  • 自動でロービームとハイビームが切り替わるので人の感覚に合わず気持ちが悪い

といったものが上がりました。

対向車からしたら、「嫌がらせか?」と思う人もいるようです。

事故は減ってもトラブルの原因になってしまえば元も子もありません。

最近では、「アダプティブハイビーム」や「グレアフリーハイビーム」といった、常にハイビームで、自動で対向車や先行車などに当たる部分だけ光量を調整あるいは遮光し、相手にまぶしくないようにするシステムも開発されています。

今後この機能が普及すれば、ロービームとハイビームの切り替えの概念がなくなるかもしれませんね。

オートハイビームは義務化されるのか?

今のところオートハイビームは義務化されていません。

ただし2020年の4月からは、手動消灯不可のオートライトが義務化されます。

つまり自動でライトが点灯し、走行中は手動でのライト消灯が不可能になるということです。(停車中には手動での消灯が可能です)

ですので上記に記載した「アダプティブハイビーム」や「グレアフリーハイビーム」といった機能が普及した場合、オートハイビームも義務化される可能性があると思います。

ネット上では義務化に賛成・反対する意見どちらも見受けられました。

スポンサードサーチ

まとめ

今回はオートハイビームは迷惑で評判が悪いかとオートハイビームの義務化ついてお伝えしました

オートハイビームの評判が悪い理由は、LEDライトの普及による照度の上昇、対向車がいたらロービームにするのがマナー、自動化が人間の感覚に合わない、といった意見が見受けられました。

オートハイビームの義務化についてですが、2020年1月現在オートハイビームの義務化はされていません。

しかしシステムが普及して問題点が少なくなればオートハイビームが義務化される可能性はあるでしょう。

事故率を減らすために自動化、義務化が徹底されてきている現代。

今後はどのように進化していくのか楽しみですね。

今回はこれで以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました!!