山歩きのプランニング

自分に合った山の選び方は?山の難易度や登りやすい季節について!

皆さんこんばんは!KEITAです。

最近山登りを趣味にする方が多くなりました。

僕としては同じ趣味を持つ方が増えてうれしい限りです^^

これから山登りを始めようという方はまず登る山を決めましょう。

どんな山に登ればいいのか?何を基準に選ぶのか?

これはとても重要な事なのですが、山を登ったことのない人は自分に合った山の選び方なんてわかりませんよね^^:

自分に合った山の選び方は、山を登る目的によって変わってきます。

そして山には難易度があり、自分の体力や経験に合わせて選ばなければなりません。

季節によっても気候の特徴が異なるのでこれも重要なポイントになります。

それらを踏まえたうえで、自分に合った山を選ばなければなりません。

なので今回は山の難易度や登りやすい季節について解説をし、自分に合った山の選び方を紹介していこうと思います!

山選びに重要な山の難易度について

自分に合った山の選び方で重要な山の難易度について解説します。

山の難易度とは、歩行時間山登りのテクニックをどれぐらい要するかで決まってきます。

そして標高の高さも重要になってきます。

歩行距離ではなく歩行時間の理由

なぜ歩行距離ではなく歩行時間なのでしょう?

例えば同じ歩行距離だとしても途中に岩や坂などがあればそれを超えるのに時間がかかりますよね?

逆に長い道のりでも平らで何もない道なら簡単に進むことが出来ます。

つまり同じ距離でも難しいコースになるにつれて歩行時間が長くなるということです。

なので歩行距離だけでは難易度を判断するのは難しいといえるでしょう。

そして必ずしも「歩行時間が長い=難易度が高い」というわけではありませんので歩行距離と歩行時間をチェックして、難易度を判断するのがベストだといえます。

山登りのテクニックについて

山登りのテクニックとは、地図を読む能力はしごや鎖場を難なく移動できる身体能力不安定な足場でも安定して通れるバランス力などです。

その他にも、ロープを使用しての移動緊急時のアクシデント対応能力高度な判断能力などがあげられます。

後者は熟練者でないとなかなか身につかない能力ですが、前者は基礎的なトレーニングや経験、勉強などで補えます。

もちろん山登りの装備さえあれば大丈夫な山も多くあるので、初心者の方はまずそんな山からスタートしましょう。

下の表が簡単な目安になります。

山の難易度 山の状況
簡単 道が整備されており、転落や落下の心配が少ない
普通 道が分かりにくいところがあり、ミスをすると事故になる場所がある
難しい ほとんど整備されておらず、事故が発生しそうな場所が連続してある

標高の高さ=難易度の高さではない?

標高が高い山は難易度が高いというイメージがあると思います。

しかし標高の高さがそのまま難易度の高さというわけではないのです。

標高が高い山でも楽に登れる山はたくさんあります。

重要なのは標高差です。

標高差とは登山口と山頂の高度の差の事です。

簡単に言うと、山頂がゴール(目的地)とするとスタートからゴールまでの高さの差ということです。

標高差が800Mを越えてくると体力の消耗がかなり激しくなるので、初心者の方は、標高差が300M~500Mぐらいの山を選ぶのが良いでしょう。

ただし標高差が少ない山でもアップダウンが激しかったり、道中が険しい場合は体力の消耗が激しくなるので注意しましょう。

まずは自分のレベルを知り、身の丈に合った山選びをすることが大切です!

山登り初心者にオススメの季節は?

自分に合った山の選び方は季節によっても変わってきます。

同じ山でも季節が違えば姿を変えます。

今回は季節ごとの特徴と山に登りやすい季節について紹介します。

・春の山登り

歩くとまだ汗ばむぐらいの気温です。

ですが2000M以上の山に登る際は、まだ雪が残っている場合があります。

雪がある山は初心者には難しいので春に山登りする際の山選びは、標高の低いを選ぶようにしましょう。

・夏の山登り

日照時間が長いため行動時間を多く取ることが出来ます。

猛暑の日などは標高が高い所では気温と湿度が低くなりとても快適です。

逆に標高が低い山では平地と気温の差があまりないので熱中症になる可能性が高いです。

そして雨や風が強くなると、低体温症になる可能性があるので注意が必要です。

・秋の山登り

夏が過ぎ秋になると紅葉の季節になり美しい景色を楽しめます。

気温もひと段落して、山登りに一番向いている季節と言えるでしょう。

ですが日照時間が短くなってくるので、時間配分を計画的に行うようにしましょう。

・冬の山登り

湿度が低くなり空気が澄み渡りとても心地よい環境になります。

日照時間がかなり短くなるので計画を立てる際は注意しましょう。

そして雪が積もるので初心者の方は必ず経験者の方に同行してもらいましょう。

山登りに向いている季節は秋!
台風が過ぎ去った10月半ばぐらいがオススメ!

スポンサードサーチ

まとめ

今回紹介した自分に合った山の選び方はどうだったでしょうか?

山の難易度については必ず山を登る前に確認をしておきましょう。

判断能力は経験を積むことにより徐々に培っていきます。

まずは簡単な山を選んでレベルアップしていきましょう^^

そして季節により姿を変える山はとても魅力的です!

どの季節でも特徴を知り正しい対策を行えば安全に山を登ることが出来ます。

自分の実力を知り無理のない山選びをすることで安全に楽しく山登りをしましょう!

今回はこれで以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました!!